前へ
次へ

管理費や修繕積立費が必要ない一戸建て

建物は建築してから時間が経過すると古くなって価値が落ちてきてしまいますが、土地は時間が経過することが原因で価値が落ちることはありません。
逆に周りの都市開発が進んでいくことによって価値が高まることすらあります。
ですので一戸建ての住宅は将来的に売却することを考えていたとしても、資産としての価値が安定しています。
そして売却せずに所有していれば、子どもに独立している土地を譲り渡すことも可能です。
分譲マンションのような集合住宅でも土地の持ち分を所有することが可能ですが、古くなった建物を撤去して新しい建物を建築したり、更地を売却することは不可能です。
不動産物件を担保に設定して老後の資金を融資してもらうリバースモーゲージも、基本的に一戸建てしか審査が通りません。
そして何よりも一戸建ての住宅は修繕積立金や管理費を支払う必要がないというメリットがあります。
外壁を塗り替えたり庭木をお手入れするのは自分たちでする必要がありますが、いつメンテナンスをするのかは自分で自由に決めることができます。

Page Top